楽天市場

2022年04月06日

Muro Box

オルゴールの音を自在に決められたら、どんなに素敵だろう。


そんなことを考えたことはありませんか?




私はそんな憧れがすごくあって、こういう手回し式のオルゴールが欲しいなと思ったことは一度や二度ではありません。



「となりのトトロ」オルガニート演奏(手回しオルゴール) - YouTube


中を通過する紙に穴が開いていて、それが音を表しているんですよね。

自分で紙を作れば、いろいろな曲が演奏できる。

すごく素敵だなと思います。




紙を作るのは楽しそうだと思う一方で、大変そうだなとも思います。

そんな手間を現代の技術で解決してしまったのが、Muro Boxです。


こちらも手回しオルゴールと同様に好きな曲が演奏できるのですが、紙は通しません。


代わりに、アプリで音を設定するんですね。


設定の方法は紙に穴を開けるような感覚で、画面上にドットを打っていきます。



紙だと穴の位置を試して、ダメでも位置をずらすのは容易ではありません(その部分だけ切り貼りして作り直すか、場合によってはすべて作り直しもありえますよね)。


その点、アプリならいくらでも気軽に試すことができます。



Muro Boxのすごいのが、電動にも関わらずアプリで設定された音だけを鳴らすことができるというところです。

何を言っているのか分かりにくいと思うので少し詳しく説明します。



まずは普通のオルゴール。


シリンダーに針金を短く切ったような、スパイクのようなものがついていて、シリンダーが回転します。

その針が、音の数だけ並んだ金属板を引っ掛けて通過することで、金属板が振動して音が鳴ります。



次に、最初にお話しして手回しオルゴール。

こちらは、シリンダーが一つではなく金属板の数だけついています(もはや円板なのでシリンダーという呼び方は適切ではないかもしれませんが、以下、この呼び方で統一します)。

紙に開いた穴が通過すると、穴の開いた部分の上にあるシリンダーだけが回転して、金属板を振動させます。


もし、シリンダーが一つしかなかったら、金属板一つだけでなく、すべての金属板を振動させてしまうことでしょう。




そして、Muro Boxです。

こちらもシリンダーが金属板の数だけついているのですが、私が驚くのが、その中で一つだけ動かすこともできれば、任意の数同時に動かすこともできるということです。



オルゴールの金属板。これが間隔を取って並んでいるのであれば、シリンダーの一つ一つにモーターが入っていても不思議ではありません。

ですが、金属板はすぐ隣に並んでいて、端はすべて繋がっているんですね。

髪をとく櫛のような感じで、一枚の大きな長方形の板があり、一辺がに細かな切込みが入ることで、たくさんの金属板が並んだような状態になっているというわけです。



Muro Boxでは、オルゴールの鳴る部分の下に、やや大きめの木箱がついています。

この部分に、金属板の数だけモーターが入っているのだろうか。

など、構造がとても気になるところです。



今思い当たったのですが、腕時計も針を回転させているので、シリンダーを回転させるのと似た部分があると思いますが、あれだけ小型です。

そう考えると、「動力」というのは私がイメージしているよりも遥かに小さくできるものなのかもしれません。




Muro BoxはかつてGREENファウンディングというクラウドファウンディングに掲載されていたのですが、その中で40音のモデルの開発に言及されています(現在販売されているのは20音モデル)。

Muro Boxは現在一般販売が開始されていてホームページがありますが、開発が実際に進んでいることが、その中のページから分かりました。


Muro Box N40 デザインについてA - スマートオルゴール Muro Box 日本公式サイト



流す音楽はデータをダウンロードすることもできるのですが、自分でアプリをいじって作曲や編曲をしたい方にとって(私もしたい人です)、音数は多ければ多いほどよいでしょう。

40音はオルゴールではかなり音数が多い方だと思いますので、完成したらかなりの反響があるのではないかと思います。




posted by へい at 01:15| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月11日

タングステン耐切創手袋

日常生活で手を守るために手袋を使う。そんなシーンは多くはなく、たいていは軍手で事足りるでしょう。


とはいえ、地震で倒れて壊れた家具を片付けたり、木材や大きな刃物を扱うDIYのときなど、軍手でも良いけれども、もっと丈夫ですべりにくい手袋がほしいと思う機会も。


そういう時に役立ちそうな、「タングステン耐切創手袋」という商品があります。

私はちょっとのことで手を怪我して後悔することが多いので、備えとして1ペア持っておくのも良いなと思っています。
ラベル:手袋 保護
posted by へい at 07:30| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

リフレッシュロール

リフレッシュロール。一見水筒のようで、外に持ち歩いても違和感がなさそうです。

どこでもリフレッシュできるのは良いですよね。





posted by へい at 17:05| Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

ACTITOP ビデオカメラ

知人に YouTube 投稿を始めた方がいます。

そんなに本格的に投稿しているわけではなく、まだ試しにいくつか投稿という感じなのですが、カメラはこちらを使っているそうです。











本当に大丈夫?と疑ってしまうような値段ですが、問題なく使えているそう。

レビューを見ても、同様の感想を持った方が多数いらっしゃるようです。




ちなにみ、4K対応の方は値段が跳ね上がります。HDと4Kには、とても大きな壁があるようです。



未来は分かりませんが、現状はHDあればYouTubeには十分なのではないかと思います。景色とか絵画とかをきれいに見せたいのなら別かもしれませんが、そうでなければ、そもそもスマホで見ている方が多いでしょうし、4Kは必要ないかなと思います(当然、データ量が増えれば再生も重くなるでしょうしね)。
posted by へい at 19:04| Comment(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

VisionPro

VisionProとは、最近YouTube広告で紹介されている、ピントを合わせる距離を調節できるメガネです。

販売ページはこちら。ここ100年で最も革新的なメガネという謳い文句が印象的です。


VisionPro | ここ100年で最も革新的なメガネ





似た製品で、DialVisionというのがあります。











こちら、Amazonに複数のショップが出品していて値段に幅があります。

VisionProよりもかなり手ごろなのですが、レビューの評価が気になります。





家族がそれぞれ違うメガネを使っていると、机の上がメガネだらけになるというようなことがあります。

なので、1本で済むのは便利だと思います。


一方、ダイヤルを回して度を調整するのはすこし時間がかかるので、それを毎回やるのが手間にならないか?という疑問もあります。



眼鏡屋さんで自分専用に調整されたメガネは、掛けた瞬間にピッタリ度が合っているわけで、そこを毎回顕微鏡を使うように合わせないといけない手間を、どう考えるかでVisionProやDialVisionの価値が決まってくると思います。
posted by へい at 08:08| Comment(0) | 雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
たそがれ日記」の先頭へ